髪の毛に起こってしまう静電気をどうにかしたい!

寒い冬場のシーズンになると出てくるのが静電気

ドアでバチっとなるのも嫌だし髪の毛に静電気が起こると髪の毛が逆立ってしまったり、顔に張り付いてしまって邪魔だったりしますよね?

今回は髪の毛の静電気にピックアップして、どうして髪の毛に静電気が起きてしまうのか・予防する事は可能なのかを紹介したいと思います。

髪の毛に静電気が起きてしまう原因とは?!

髪の毛に静電気が起きてしまう原因は大きく2つあります。

ひとつは空気の乾燥によるもの

ふたつは髪の毛が傷んでいる

大きく分けてこの2通りです。

1つ1つ説明いたしますね。

空気の乾燥

冬場は乾燥のシーズンです。外にいても空気は乾燥していますし、家の中にいても暖房やエアコンなどで空気は乾燥しています。空気が乾燥していると髪の毛は静電気を発生しやすくなってしまうのです。逆に髪の毛が濡れている状態だと静電気は発生しません。

空気の乾燥で髪の毛に静電気が発生しているのであれば、予防法として加湿器の使用がいいでしょう。空気中の湿度を保つことで髪の毛の静電気の発生を抑えることが可能です。

髪の毛が傷んでいる

髪の毛が傷んでいると髪の毛の中の水分がどんどん抜けていってしまい髪の毛自体が乾燥してしまいます。髪の毛自体が乾燥してしまうと静電気が起こりやすくなってしまうのです。髪の毛はキューティクルで水分が逃げないように守られています。カラーリングやパーマなどで髪の毛自体が傷んでいるとキューティクルもボロボロの状態なので髪の毛の水分が蒸発しやすいのです。結果髪の毛に静電気が起こりやすくなってしまいます。

予防法としてはコンディショナーなどでしっかりとしたケアをしましょう。洗い流さないタイプのコンディショナーがとても効果的です。

服からも静電気が発生する

冬場は空気も乾燥しているし寒いので暖かい恰好をしますよね?ニットなど着ていませんか?静電気を起こしやすい服装をしていると髪の毛まで静電気が伝わって髪の毛に静電気を帯びることがあります。この様な場合、大抵ドアノブを触るとバチっとしてしまいます。全身が静電気に包まれている状態なのですね。

予防法ですが静電気を発生しやすい服装を避けるのが効果的なのですが、そうはいきませんよね?そんな時は1度手を濡らしてみてもいいかもしれません。濡れている状態の物には静電気が起こりにくいのです。

By

髪の毛に関する記事