頭皮が臭い時

自分ではなかなか気付くことが難しい頭皮臭い・・・。

人に言われるのも嫌ですよね。しかし言ってくる人も少ないはずです。

自分が気付かない間に他の人から頭が臭いって思われるのは本当に嫌なことかもしれません。

あまりにも臭くなってしまったら自分でも気づくことができるかもしれませんが大体の場合気付くことが難しいです。

今回は頭皮が臭くなってしまう原因を紹介したいと思います。

頭皮が臭くなってしまう原因とは?!

頭皮が臭くなってしまう大きな原因の1つに皮脂の酸化があります。

頭皮から出る油(皮脂)が時間と共に酸化してしまいその結果臭いにおいが発生してしまう事です。

例えば台所にある食用油も開封後空気に触れることでどんどん酸化してしまいますよね?

酸化した油は臭いにおいを発生してしまいます。

その様な事が頭皮で起こっているのです。

頭皮から出た皮脂が時間と共に臭ってしまう。こんな事になるのなら皮脂いらないって思うかもしれませんが、頭皮にとっての皮脂の役割もちゃんとあるのです。

頭皮の皮脂の役割

肌同様、頭皮にも皮脂腺があります。頭皮は顔などの肌より多くの皮脂腺を持っており皮脂の量も多いのです。これは頭皮の乾燥を防ぐ役割があります。しかし皮脂が出過ぎてしまうと逆に毛穴に詰まってしまって頭皮ニキビや臭いの原因に繋がります。

皮脂が出過ぎてしまう原因とは?!

皮脂が出過ぎてしまう原因は色々ありますが、大きな原因の1つにホルモンバランスの乱れがあります。ホルモンバランスは様々な原因で乱れてしまいます。

例えばストレス。過度のストレスを感じてしまうと男性ホルモンが活発になり男性ホルモンが過剰分泌を起こします。男性ホルモンが過剰に活発に働いてしまうと皮脂が分泌されるのです。その結果頭皮が臭くなりやすくなってしまいます。

またホルモンバランスが乱れる原因として睡眠不足や運動不足・暴飲暴食・アルコール・脂っこい物の摂り過ぎなど様々あります。

常在菌の繁殖

皮脂を養分に常在菌(カビの一種)が繁殖してしまうと頭皮が臭くなってしまう事があります。脂漏性皮膚炎の方にも多くみられる症状で自分での完治は難しいのが現状です。もしベタベタしたフケが出て頭の臭いがなかなか取れないって方は、このような可能性もありますので専門の医療機関に相談されることがおすすめです。

By

髪の毛に関する記事